利点

ピンクと緑歯ブラシ

多くの歯科ではインプラントでの治療方法を導入しています。前回の記事でも述べたように、インプラントは他の治療方法よりも断然実用性のあるものとして広がっています。
また、ブリッジなどでは口を開けた際に金属部分が見えたりします。これは他者からみてあまりいい印象を得るものではありません。
その為、インプラントを選択する患者は多くなっています。
インプラント治療でのメリットなどに関して書いていきます。

●メリット
1.インプラントでは土台となる金属を顎などに埋め込むことで噛み砕くといった行動の際に安定性を大きく上げることができます。
この安定力は他の方法よりもはるかにあるものとなっています。

2.現在まで主流となっていた治療方法としてブリッジがあります。このブリッジと呼ばれる方法は人口歯の両サイドに鉄の支える部分があり、この支えを両隣の歯につけることで装着することができます。
しかし、このブリッジと呼ばれる方法は、金属を付ける為に両隣の歯を削る必要性がありました。削ることで決まった位置で固定でき、安定性を高めといった目的のためです。
ブリッジでは歯に対して余計なダメージを与えることになっていたのです。
インプラントはダメージを与えることなく安定性を得ることができるようになっています。

検査

電動歯ブラシ 先

歯科で広がっているインプラント治療ですが、このインプラント治療を受ける場合必ず治療の前に検査を受ける必要があります。
インプラントは顎に直接金属の土台を埋め込みます。その為、個人によっては装着する為の顎の大きさなどに問題があるようです。
この問題は生まれつきの場合もあれば歯周病により進行した可能性もあります。

検査の方法としてはCTやレントゲンなどを利用します。
これら機器の利用する基準は初めにレントゲンを利用し、はっきり確認できなかった場合CTを取るといった流れになっています。インプラン治療を行う前には必ず事前に県を受けておく必要があるのです。

近年ではインプラント治療の導入の増加により、顎を立体的にみることができるソフトの開発なども成功し、実際に導入されています。

メンテナンス

青色 歯ブラシの先

インプラント治療を受ける場合、利用するためには患者側に条件などが与えられます。
この条件をクリアすることで、安全に歯科でインプラント治療を行うことができるようになるのです。
条件などに関することを書いていきます。

●条件
インプラント治療を行う為には条件があります。それは歯周病であったり、健康的であったり、アレルギーといったものを有していないことです。
上記の条件を守ることでより安全にインプラントを利用することができます。
しかし、歯科では上記以外に最も重要視している条件があります。
それは、定期的なメンテナンスです。
インプラントは金属の土台を埋め込んでおり、それに人口的に作られた歯を装着することで利用できています。
しかし、食べかすやしこうといったものはインプラントに付着する可能性が十分にあります。その為、歯科に通院することや、定期的に個人で洗浄するといったことが条件としてあるのです。
この管理が行えない場合、インプラント治療を受けることができません。

メンテナンスを行わない場合、食べかすなどに雑菌が付着、増殖し、感染症などにかかる可能性があります。